青汁で作る美味しいスープ

青汁は飲み物としてだけでなく、食事やデザートにも広くアレンジされています。
今回は、青汁をつかった、簡単でお手軽なスープをふたつ紹介させていただきます。

(1)カンタン青汁コーンスープ

まずマグカップにコーンスープの元と、青汁の粉末を入れます。
それをお湯で溶いて出来上がりです。
コーンスープに限らず、カップで飲めるスープの元と青汁の粉末を合わせるのは、とてもカンタンお手軽に青汁スープをつくる定番レシピのひとつになっています。
手間をかけずに作れるので、色々なパターンを試して、自分好みのスープを見つけるのも楽しいです。
青汁はスープ類との相性がよく、味を壊してしまうくらいに主張することは意外にも少ないです。
仕上げに乾燥パセリやクルトンなどを加えて、少しだけ高級感を演出するのもオススメです。

(2)青汁豆乳ポタージュ

まずは青汁を普通につくります。
豆乳にキューブタイプ、または顆粒のコンソメを入れ、沸騰しないように温めて、そこに青汁を入れてよく混ぜたら、火を止めて出来上がりです。
お好みでブラックペッパーで味を調えたり、クルトンを入れたりと、細かいアレンジも色々と可能です。
コツとしては、沸騰させてしまうと青汁と豆乳が分離してしまうので、沸騰しないようにとろ火で温めましょう。
とても濃厚で、ほんれん草のスープに似た味わいがあります。
作り方は簡単ですが、意外に本格的な味がしますので、是非とも試してみて下さい。

青汁のアレンジレシピの中には、味噌汁に青汁を入れるという豪快なパターンもあります。
青汁は飲み物といっても、野菜に近いので相性は基本的に良いのでしょう。
味噌汁の残りに青汁を入れてから火にかけると、カンタンに風味を変えて、なおかつ栄養価を高めることができますので、こちらも試してみたら、意外な発見があると思います。

とりわけ、スープとの相性がよい青汁。
今回のレシピを参考に、色々な青汁レシピを開発してみるのはいかがでしょう。
食品にも青汁をプラスして、さらなる健康習慣を手に入れましょう。