産地から青汁を選ぶ

青汁は、飲み物ですが、原料は原則すべて野菜です。
なので、野菜を買うときに産地を気にするように、青汁も原材料の産地というのが、製品を選ぶひとつの基準となります。

たとえば、原材料が中国産であればその製品を選ばないという選択をとる人は多いでしょう。
その場合は、産地が悪いので選ばない、という判断となっているかと思います。
それとは別に、産地がより良いので選ぶ、という方法もあります。
一口に国産といっても、国内の各地域ごとで、気候も土の質も違いがあるため、原料である野菜の質、栄養価は変わってきます。
産地にこだわることで、青汁の製品選びをより最適化させることができます。

青汁の主原料はケールや大麦若葉が主流です。
ケールの主な産地は国内であれば大分、宮崎、熊本、三重、福岡、島根、福井が有名ですが、海外産ではニュージーランドもあげられます。
海外産ということで、不信感をもってしまうという感覚もありますが、ニュージーランドは牧草の研究が盛んで、良質の大麦若葉の産地として知られています。
国産が至上で外国産はダメという基準は必ずしも正解ではない場合もあります。

ケールは地中海沿岸で原産された緑葉野菜ですが、日本国内でも温暖な地域では良質なものが育ち、収穫されます。
大分、熊本、鹿児島、宮崎、愛媛、和歌山、三重などが主な産地となっています。
ケールは温暖な地域で栽培されますが、夏の暑さの中で育てると苦味をもってしまう特徴があるため、対策として季節ごとに産地を変えるというメーカーもあります。

明日葉も原材料として使われます。
日本を原産としていて、房総半島と伊豆諸島、紀伊半島の自生植物です。
その中でも、最も良質な明日葉が栽培されるといわれているのが、伊豆諸島の八丈島です。
八丈島の土壌にはミネラルが非常に多く含まれていて、その土でで育てられた明日葉は栄養価が高く、味に関しても他の産地をリードしています。

パッケージに産地が表記されていないという場合も多いのですが、安全性、品質の高い製品であれば必ず明記する項目となっています。
価格、成分、それに原料の産地。
一歩踏み込んだ製品選びで、質の良い青汁の健康習慣を身につけましょう。