早朝に摂取したほうがよい理由

青汁の推奨摂取量は、基本的には一日一杯となっている場合が多いです。
しかし、一日一杯となれば、一日のどのタイミングで飲めば最も効率よく青汁の栄養効果の恩恵を受けられるのかと迷うこともあるかと思います。

青汁の栄養効果を、最も効率よく受けるのであれば、飲むタイミングは早朝がオススメです。
寝起きというのは体が一日の中で、最もエネルギーを蓄えていない状態です。
エネルギーが蓄えられていないうえに、体も非常に乾いています。
そのため早朝、寝起きの一番最初に口にするものは、体が勢いよく吸収するのです。
つまり、寝起きに青汁を飲めば、青汁に含まれるたくさんの栄養を体が一気に吸収してくれるので、非常に効率よく、青汁の栄養効果の恩恵をうけることができます。

早朝に摂取するのがよい理由は他にもあります。
早朝に水分を摂ることで、腸が反射をおこしスムーズな便通を促します。
そもそも青汁には豊富な食物繊維が含まれており、便秘解消に効果的な飲み物です。
それを早朝に摂取することにより、さらに高い便秘解消効果を期待できるのです。

【参考】青汁で便秘解消:http://www.appalachiandiscovery.com/aojiru-constipation.html
ちなみに、早朝に飲む青汁は、できれば水で溶かしたものがオススメです。
寝起きの一杯の水が、非常に高い体への浸透率をもっていることから、青汁もそれに習い、水で溶いたものが効果的です。

目覚めに摂取する水分は、寝ているあいだに水分を失うことで粘度を増してネバネバとなった血液をサラサラにする効果もあります。
また、新陳代謝を促し、自律神経の目覚めもスムーズとなるため、頭がスッキリとして朝食もとてもおいしく食べられるようになります。

水で作るのが腸への刺激もつよく、オススメなのですが、体を冷やしてしまうという欠点もあるため、少し手間ですが、常温の白湯で青汁を溶かすのもその場合はオススメできます。
冬場などは暖かいお湯で飲みたくなってしまいますが、熱により青汁の栄養素が損なわれる場合がありますので、体の冷えが気にある人や、冷え性の人は常温程度の白湯で飲むのがよいでしょう。